FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

和辻哲郎『倫理学(2)』~友人は文化的共同
 和辻哲郎の主著、『倫理学』。その第2巻である。
 哲学の大著というと翻訳ものしか見当たらない日本にあって、これはうれしい一冊──正確には4冊だ。
 第2巻で、和辻哲郎は結婚という2人の関係、親子という3人(を主軸にした)関係、さらに友人という関係に対して分析を試みている。面白かったのは友人についての分析。
 和辻哲郎は、カントの分析をこう紹介している。

我々は世間において、人々とつきあうに際し充分に仲間になっているとは言えない。通例は自分の感じ、心持ち、判断などをあけすけに言わない、控え目な態度を取っている。これは相手を信頼せず、警戒しているからである。かかる拘束を投げ捨て、感じるままを相手に打ちあけることができれば、そこに初めて我々はほんとうの仲間になる。そういう相手、己れをすっかり打ちあけることのできる相手が友人である。信頼のできない危険な相手たちの内に、信頼して寛げる避難所としての友人がある。(436頁)


 だが、和辻哲郎は、これは間違っているという。不十分だと。
 彼の論理に耳を傾けてみよう。

しかし我々夫婦が相互に愛し合い、またその心持ちを充分に打ちあけ合っているからといって、それを友人と呼ぶことはできない。親子、兄弟、隣人等においても同様である。しかしこれらの存在共同においては必ずしも文化の共同は必要でない。


 では、何が友人だというのか。
 和辻はこう答える。

文化の共同こそ友人的合一の場所なのである。してみれば、「心情の友」はただ心情を「打ちあけ合う」ということにおいて友であるのではなく、特に「芸術、学問、宗教等として働くような心情」を打ちあけるようなことにおいて友なのである。(437頁)


 友人とは文化の共同なり――。なんとも明白なテーゼではないか。オタクの子たちがオタク仲間を求めるのも、そういうことなのだ。同じスポーツをしている、同じ映画を好きである。そういうことがきっかけになったり前提になったりするのも、友人が文化の共同という場所で生まれるものだからだ。
 なるほどな、と思った。だからこそ会社では友人関係が生まれづらいのだな、と。学校のグループと違って、会社のグループは文化の共同(同じ趣味)を基準にして形成されていない。文化の共同が成立しづらい場所で友人が生まれにくいのは、当たり前のことだ。文化の共同が少ないにもかかわらず友人として成立してしまう関係を、我々は「親友」と呼んでいるのかもしれない。
 ただ、この後の和辻哲郎がちょっといけない。文化の共同関係としての友人という考え方を主張したあと、和辻哲郎は、すべての人間関係には文化の共同が入っていることを指摘してしまうのだ。これでは汎文化共同論である。家族とも友人関係が成立するという話になってしまう。もちろん、娘が母親と友人のような関係になることはあるが、通例はそうならない理由が、文化の共同では説明できない。カントも不十分であったが、これでは和辻哲郎も不十分である。論としてはなんとも歯切れが悪い。そこが個人的には残念であった。
倫理学(2)
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。