FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
幼児退行する主人公
【年間購読】PLAYBOY日本版
【年間購読】PLAYBOY日本版
 月刊PLAYBOY11月号に面白い記事が載っていた。ほしのあきについて、金子達仁がものした文章だ。

《カツラ、育毛メーカーのCMに起用される女性にはある種の共通点がある。
 CMに反応してしまうミライの顧客のひとりとしていわせてもらうと、この問題は当事者にとってき極めてナイーブな側面を持っている。よって、怖いほどの美人や、高飛車な気配の感じのする女性に「電話してね」と微笑まれたところで、怖じ気づいてしまうのがオチ。求められるのは、抜け落ちる髪の毛を見るたびに込み上げてくる老いや衰えといったネガティブな感情をやさしく包み込み、決して陰であざ笑ったりしないだろうと確信を与えてくれる女性である。
 かつて「癒し系」なるタイプの女性が脚光を浴びた原因のひとつとして「オトコが弱くなったから」という分析があった。だとすると、若年層における髪の毛の多寡は、女性に癒しを求める思いの強さと比例する。当然、メーカー側もそのあたりの男性心理は熟知しているから、起用される女性は「柔らかな母性」といった気配を感じさせてくれるタイプが多くなってくる》


 井川遥を思い出して、なるほどなと思った。同時に、別のメンタリティが気になりはじめた。
 ポルノ小説――専門的にはハードポルノと云う――における男性のメンタリティである。
 鏡が高校生から大学生の頃は、綺羅光氏を代表とする陵辱ものが大流行をしていた。ヒロインは思い切りナイスバディなのだが、品行方正で美しい性格の持ち主で、それに対して腹黒い、欲望ぎらぎらの男が横恋慕している。美女は醜男の魔の手に陥り、高貴な人間から、淫乱な牝へ、性の獣へと落とされる。
 だいたいそういう構図だった。そしてその構図には、社会進出を果たして行く女性に対してストレスを覚える男性心理が反映されていた。どんどん声を強め、態度を大きくしていく女性に対して、この野郎と思う男性の気持ち。それが、性的な形で裏返しに出たのが、陵辱ポルノの流行だった。
 だが、今では陵辱ものよりも義母もの、フェチものが目につく。特筆に値するのは、義母ものの主人公像だ。外見は中学生となっていても、メンタリティは小学生中学年以下になっているのだ。義母に対して「ママ」と甘え、小学生らしい無邪気さと甘えん坊を有している。自我の確立に悩み、母親からの自立を始めようとする中学生の姿ではない。辛辣な言い方をすれば、主人公が幼児退行しているのだ。
 このことを指摘することで、そのフィクションがおかしいとか、主人公が変であると言いたいわけではない。鏡は、その裏に男性の心理的状況が潜んでいると言いたいのだ。
 成人男性のまま美女を犯す主人公像を受け入れていた頃の男性の心理と社会的状況、幼児退行する主人公像を受け入れる男性の心理と社会的状況。両者は決して同じではない。
 成人男性――中年男性の主人公像を受け入れるには、今の自分を肯定するだけの強さと元気が必要だ。かつて、それはできていた。しかし、今の幼児退行した主人公像を受け入れる姿には、現実の自分を肯定するほどの強さと元気は見えてこない。むしろ、今の状況から逃避しようとする悲しい姿と疲労しか見いだせない。
 かつては、社会進出する女性に対して「この野郎」と思えるだけの気力があった。だが、リストラだの何やらだので、「この野郎」と思うだけの気力すらないのだ。それほど疲弊してしまっているのだ。だから、自分の年齢のまま主人公になるのではなく、精神的に後退して主人公に同化しようとしているのではないか。
 それを思うにつけ、男が疲弊した時代になったものだと思う。男を元気にしなければ、この国は危ないかもしれない。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
10余年の黒い本愛好者ですが(笑)
alphastone | URL | 2006-10-09-Mon 01:22 [EDIT]
昔ほどのパワーが無くなったのはここ数年の傾向でしょうか。
最近になって確かに「読める」部分が突出してきたのは喜ばしいのですが、それ以上に「オレの(黒き(白き?)欲望を満足させるモノは無いのかぁ!」と月夜に向かってお座りしつつ吠え立てています。

最近の個人的ヒットで言えば青い本の○女陵○モノというのが自分のストライクゾーンを下げまくっている要因に違いない。

それはともかく、昔馴染み(?)の小説家もどんどん減っているようですし、書き手・読み手とも世代交代が進んでいるんでしょうか……

注)
黒い本=フランス書院
青い本=マドンナメイト

| URL | 2006-10-09-Mon 08:47 [EDIT]
「幼児退行」では?

田中山 | URL | 2006-10-09-Mon 09:04 [EDIT]
幼児退行ではないでしょうか
と書こうと思ったらもう書かれてましたね
精神的にも、後退ではなくて退行するんです

鏡仙人 | URL | 2006-10-09-Mon 14:50 [EDIT]
 お二方、サンクスです。幼児退行ですね。修正しておきました。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.