FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
上げすぎたボリューム
 ボリュームインフレーションは、「積極的」な形であるわけではない。つまり、ユーザーが「もっとボリュームを!」「2MBより3MBを!」「3MBのシナリオより4MBを!」と強く叫んでいるわけではない。自分たちが考えている基準値──業界の基準値──より不足していると感じたときに「ボリュームが足りない!」と不満をもらすという形で存在するのだ。
 そして、その、ユーザーが「ボリュームが足りない」と感じる閾値が、DOS時代の頃よりはるかに跳ね上がっているのが現状なのである。DOS時代の頃や、2000年以前の状況と比べると、これは異様な上がり方だ。突然革命が起きて単位が変わってしまったみたいだ。
 「見る」「調べる」「話す」「さわる」といったコマンド選択の多かったDOS時代のゲームと比べて、今では純粋にクリックしてお話を読むだけのゲームが主流になった、ということも少々関係しているのだろうが、望まれてもいないのに超大手の真似をして業界がボリュームの基準値をあげてしまったのが、一番大きいだろう。今では、対価に見合う質のソフトを提供しても、ユーザーが「これぐらいなきゃ」と思っているボリュームに到達していなければ「足りない!」と言われる。満足度が90%以上に到達しているお化けソフトでも、実情は同じだ。対価に見合う内容だけを提供すれば、ボリュームへの声がなくなるわけではない。あるゲームをつくったときもそうだった。ポーズ差分もシナリオもどんどん増えていったが、ボリュームに満足したという比率は変わらなかった。
 ソフト1本に期待するボリュームの基準が、必要もなく上がりすぎてしまったのだ。そして、ユーザーもそれに慣れてしまったのである。
 たとえば、マンガの単行本が、あるとき1冊200頁から1冊400頁になったと想像すればよい。2社だけが1冊200頁を守っていて、他の出版社は1冊400頁に倍増させていたとしたら、やがてユーサーは1冊400頁に慣れ、1冊200頁の単行本に対して「薄い」と言い出すだろう。たとえ内容が面白くても「(厚さが)薄い」と言うに違いない。
 同じことが、エロゲー業界にも当てはまる。我々は、基準値を上げすぎたのだ。DOS時代~2000年頃まで、ボリュームに対する不満の声が小さかったことを考えると、それがよくわかる。明らかに基準値は上がってしまった。基準値を上げすぎてしまった。その結果、今あるボリュームにユーザーが馴らされてしまって、それより少ないと「足りない!」と連呼するようになってしまっている。結果、作り手が自ら作り手の首を絞める状況になっている。
 超大手が売れたからといって、その真似をすればいいわけではない。むしろ、それとは逆の方向に歩むことが、ソフトハウスには必要なのだ。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
実作品による比較?
shamo3 | URL | 2006-07-27-Thu 23:50 [EDIT]
はじめまして。興味深く読ませていただいています。

唐突ですが最近、メイビーソフト「メイドさんと大きな剣」という作品をやってみました。
半分ネタで買ったつもりが予想外におもしろかったのですが、これってボリューム
インフレーションの回避に成功した好例なんじゃないかと思い、コメントさせていただく
ことにしました。

この作品では、戦闘シーンおよび関連設定に大作であるTYPE-MOON「Fate/stay night」の
影響が明らかに見えます。しかし、その使い方はあまり直接的な模倣とは思えず、
どちらかというと「大作のおいしい部分をもらってきたいが、しかしあくまで自分たちの
持つリソースの範囲内でという条件付きで、何か使えるものはないか」という吟味の末に
採用されたものに見えてならないのです。

一方、同じくFateの影響の強い作品として、少し前のpulltop「PRINCESS WALTZ」が
挙げられますが、こちらは前記作品とは対照的にかなり直接的な「自分たち流アレンジ版
Fate」に見えます。そして見事に途中で力尽きているように見え、こちらはまさに
ボリュームインフレーションのワナにまんまとはまってしまった例かなぁ、と。

というわけで、もし機会がありましたら上記2作品を実際にプレイされて比較、などと
いうのもおもしろいかと思い、コメントさせていただきました。もっとも、特に「メイド
さんと~」の方について私と同じようなことを言っているレビューサイトは一つも見つける
ことができず、比較の前提が成り立たないかもしれませんが、その場合はすみません(^^;

それでは、長々と失礼いたしました。

鏡仙人 | URL | 2006-07-28-Fri 22:11 [EDIT]
●shamo3さん

 サンクス!
 絞り込みはクリエイターの美学です。

Ryu | URL | 2006-07-29-Sat 21:33 [EDIT]
ボリュームを増やしてもボリュームに満足したという比率は変わらないと言うことは、恐らくある一定以上はボリュームを増やしてもボリュームに対する評価は変化しないということじゃないでしょうか。
そもそも「ボリュームが足りない」という判断基準は非常に主観的です。
なぜなら人間の時間感覚は主観的だからです。
例えば2時間の映画を観たとしましょう。
面白い映画ならばその時間は短いと感じるでしょうし、反対につまらない映画ならば長いと感じる、と言うことは誰しも身に覚えがあるでしょう。
逆説的ですが、満足度が高いほど「ボリュームが足りない」と感じ易いと言えるのではないでしょうか。
つまるところ、一定水準以上のボリュームは商売的にはあまり関係ような気がします。

結局のところ、ユーザーは無責任にボリュームは多ければ多いほど良いと言っているだけであって、例えば「お金はどれだけあればいい?」という質問に「あるに越したことは無い」と答えている構図とさして変わりません。
その声を馬鹿正直に「ユーザーの要望だから」と拾い上げて、ソフトハウス自らの首を絞めているということは同感です。
管理人のみ閲覧できます
| | 2006-07-30-Sun 02:27 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鏡仙人 | URL | 2006-07-30-Sun 09:51 [EDIT]
●Ryuさん

>恐らくある一定以上はボリュームを増やしてもボリュームに対する評価は変化しないということじゃないでしょうか。

YESであり、NOです。

数MBやイベントCG数百枚というとてつもない分量の場合、増やしてもボリュームに対する評価に変化はないでしょう。

しかし、たかだた50カットやシナリオ500KBの世界では、NOです。

カット数自体が文字通り2倍近くにならないと、「ボリュームが増えた、わ~い」とならないということです。制作者側が経済的な制約の中で最大限努力して増やした「増量」と、ユーザーが望む「増量」とが乖離しているということです。

>逆説的ですが、満足度が高いほど「ボリュームが足りない」と感じ易いと言えるのではないでしょうか。

一概にはそうは言えんでしょう。
エロゲーにはいろんな幅かあって、ボリュームひとつとっても馬鹿みたいな差がある。

シナリオ4MBやテキスト8MBというひたすら冗長なゲームの世界では、満足度が高いからといってボリュームへの満足度が下がるということはなかなかないでしょう。

しかし、数百キロバイトの世界では、それはありうる。エロゲー自体をひとつの一枚岩に仮想して一概に論じるというのはできんのです。

それに、主観も積み重ねれば客観に近づきます。それをお忘れなく。おれが話をしているのは、主観を集めた上でのことです。

>つまるところ、一定水準以上のボリュームは商売的にはあまり関係ような気がします。

その「一定水準」を、どんどん自分たちで勝手に仮想してあげていってしまったのが、エロゲー業界です。


KM | URL | 2006-07-31-Mon 21:43 [EDIT]
ですからあえて私は、
今まで入れても駄目作品扱いされ、かつ、戦後61年間(還暦越)いえなく、とある本が切り開いた話をベース(段階ベビーでは到底扱えない代物)として扱おうと考えることになったわけです(謎)

TRACK BACK
TB*URL
2006年7月29日のIT系ニュース
Strag : nonhitchhiker 2006-07-29-Sat 19:44
「Webサービスはソフトを殺さない」とマイクソソフト ソース:エルエル 今週(07/28)の『タモリ倶楽部』は Googleに潜入らしい ソース:ゴルゴ31 むしろ奥様に萌えた 「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」 ソース:好き好き大好きっ 大概のスパムには慣れ  [続きを読む]
[考察]テキストの重みで潰れない、連載型エロゲという可能性
萌え理論Blog 2006-08-06-Sun 13:01
テキストの重みで潰されそうなエロゲ業界 乳之書 上げすぎたボリューム ボリューム・デフレーションへ 自業自得のボリューム・インフレーション ああかむゲーム制作日記: エロゲのボリュームってどう思うよ? (個人的意見その1) (個人的意見その2) (個人的意見その3)  [続きを読む]
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.