FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

「~したった」という言い方の危険性
 「~したった」って言い方に対して、「オレ的」に感じたような危険性を感じる。

 「オレ的」という言葉は、個人と個人が真正面からぶつかり合うことを回避する言葉づかいだった。「オレはこの作品嫌い」と言えば、全面的な衝突の可能性が高くなる。代わりに「オレ的にはこの作品は嫌い」といえば、触れ合うのは一部分となり、衝突の可能性は低くなる。

 短期的には、利益のある言葉だった。しかし、長期的には、それが個人と個人のぶつかり合いの少なさを象徴する存在、あるいは助長した存在となった。「オレ的」を使っていった世代は、人と人との個人的な深い関わり合い、すなわちコミットメントが不足している。結果、「彼氏とどう付き合ったらわからない」なんて言い出す若い女の子が増えている。

 コミットメントの不足は、人づきあいにおいてマイナスとなる。仕事もまた、仕事相手とのコミットメントの上に成り立っている。恋愛や結婚もまた然り。そのすべてにおいて、マイナスを味わうことになるのだ。

 「オレ的」には逃げと危うさがある。そして同じような匂いを、「~したった」に感じるのだ。

 「~したった」は、「自分が主体となって自分の意思で決めました」っていう、真正面からの宣言ではない。「腹が立ったからしたった」「仕方がないからしたった」っていう、外によって強制的になされたという言い訳に見える。

 格差社会とグローバリズムは、個人に負担を強いる。自分で決めて自分で動く。その荷重から逃れるための、ひとつの言い方が「~したった」なのだろう。

 だが、その言い方には、卑怯さと脆弱性がつきまとう。そして、そこに危険性がある。頻発することによって、備えるべき戦闘力が身に付かなくなってしまう危険性がある。

 今は、自分が考え、自分が決断し、自分が行動することを求められるグローバリズムの世界だ。その世界にあって、「~したった」という物言いは、社会において適応性を高める言い方ではない。必要な戦闘力を備えるための言い方ではない。刹那的には楽になるが、長期的にはグローバリズムで戦えない脆弱な主体性を養う可能性がある。

 少なくとも、おれのゲームの登場人物、『巨乳ファンタジー』のリュートや『巨乳ファンタジー2』のルインは、絶対に使わないね。おれも使わない。使って自分の戦闘力を下げようとか、グローバリズムに対する適応力を下げようなんてことは、思わない。

 普段の言葉づかいは、その人をつくってしまう。グローバリズムに対するガス抜きは、別の方法にすればよい。まったりしたいのなら、積極的にやればよい。「~したった」みたいな、責任と主体性を放棄するような言い方を習慣として取り込むのは、まったく得策ではない。それはかえって自分の戦闘価値をおとしめ、ビジネスマン的戦闘力を失わせることになる。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。