FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

表現規制の世界的推進は、キリスト教布教=植民地化と同じ
 非常に興味深いデータが公開された。
 2012年11月の第3回児童ポルノ排除対策推進協議会の配布資料と議事概要。そして、児童ポルノ排除対策公開シンポジウムの概要

 議事概要にはこうある。

「児童ポルノを巡る情勢は極めて憂慮すべき状況にあり、児童ポルノの蔓延・氾濫を食い止めるためには、排除に向けた国民運動を官民一体となって引き続き強力に推進する必要がある」

 憂慮すべき状況にもないし、推進する必要もない。
 規制推進派は、必ずレトリックとして「氾濫」「蔓延」という言葉を使うね。この言葉が出てきたら、規制するために事実に反して述べていると解釈した方がいい。

「歴史的に振り返ってみれば、CSEC に対する反対行動の主体団体は、ECPATだったのです。もともと、ニュージーランドの牧師さんがタイランドにおいて、特に、児童の性的買春、観光買春に強い憤りを感じて、何かしようと、ECPAT の組織をスタートさせたのです」

 シンポジウムの基調講演には、こうある。

 動機は善だったのかもしれない。しかし、そこから暴走が始まる。
 あくまでも実在の児童に対する「直接的な行為」を防止するためだったものが、「想像」まで禁止しようとしている。これを暴走と言わずして、何と言うのか。

 ECPATに始まる児童ポルノ規制がやっていることは「坊主けしからん!」⇒「坊主を取り締まろう」⇒「袈裟も禁止!」ということ。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと、次元的には変わらない。
 ケンブリッジ大学法学教授Suzanne Ost 曰く、

「個人が児童ポルノを所持することを許せば、その市場が活性化し、さらに多くの製造物の作成につながる」

 法学教授は、児童ポルノがiphoneみたいな商品と同じものと勘違いしているらしい。ポルノは選択性が高く、限定された一部の者しか選ばない。いわゆるロリに対して興味のない人たちに児童ポルノ画像を見せても、洗脳することはできない。逆に嫌悪感を増長するだけだったりする。仮にロリに対してニュートラルだったとしても、その人の中に児童ポルノを受け入れる心理的受容体がなければ、やはり児童ポルノは拒絶される。

 そもそも「実在児童に対する具体的な性的行為」と「児童ポルノ」とは別物。規制推進側は「実在児童に対する性的行為」ができない代償として児童ポルノが存在すると仮定している。間違いである。児童ポルノと間違って言われているものにおいて、相手に期待されるのは無垢さである。しかし、実在児童に対する性的行為において相手に期待されるものは、そうではない。期待されるのは、自分より圧倒的に弱いことではないか、とぼくは推測している。つまり、強姦の別バージョンである。

 日本の場合、実写においてもマンガにおいても、高校生以下の女の子に対してポルノ的に期待するのは、無垢さである。それは男性性の極限的な低さと結びついている。しかし、その低さは強姦とは結びついていない。もし結びついているなら、オタクは男性性が低いわけだから強姦しまくってることになる。

 周囲を見渡してほしい。オタクの子たちが強姦しまくっているか? NO。オタクの子のほとんどは凌辱好きか? NO。ごく一部だ。美少女ゲームではマーケットの1~2割。男性性の低さと強姦とは関係がない。そのことは、間違って児童ポルノと言われているものと児童強姦とが相関していないことを示している。

 男性性はどのくらいのレベルか。どのくらい主体性を発揮して自己実現しているか。どのくらい他者承認されているか。性的嗜好はそれらと強力に結びついている。違う男性性や自己実現、他者承認レベルを前提にしている別の性的嗜好をかぶせても、別の性的嗜好にはならない。同様に、児童ポルノを根絶しても無意味だ。原因は児童ポルノにあるからではないからである。

 本当に「治療」したいのなら、男性性のレベル、自己実現のレベル、他者承認のレベル、この3つのレベルを変化=上昇させる必要がある。だが、そのことに気づいている規制推進論者はいない。

 スウェーデンでは児童ポルノの鑑賞者がすべて児童に対して強姦を働くというのなら、スウェーデンでは規制すればいい。しかし、日本はスウェーデンとは違う。世界一空気を読まない方に分類されるスウェーデンと、世界一空気を読む方に分類される日本では、事情が同じになるはずがない。違う以上、安易に規制する必要はないのだ。

 欧米の倫理的問題を、安易に世界に汎用化してはならない。「日本もやれ」と勝手に言ってはならない。それは「わたしが信じている宗教はステキだから、あなたも無条件に信仰しなさい!」と言っているのに等しい。

 それは、ほとんど布教に等しい。
 忘れてはいけない。植民地化は布教とワンセットだったことを。

 彼らは「善」の仮面を借りて、21世紀型の植民地主義を日本に押しつけているだけなのである。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。