FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

アグネスに物申す~子育て条例という言い方で誤魔化すな~
 性表現規制に対して賛成派にあたる産経ニュースで、アグネス某のインタビューが載っている。その中で、かつて若者のアイドルだった女は、東京都青少年保護条例改正案は「子育て条例」であり、「子供の手の届かない所に置いておきましょう、ということ」と述べている。
 ここで注意しておきたい。
 子供と出てきたら、その年齢は? と問うこと。彼女が言っている年齢はいくつだ? 17歳にも「子育て条例」「子供の手の届かないところに置いておきましょう」と言えるのだろうか? 言えるとしたら、それこそ子離れしていない母親という感じがして、気色悪い。
 次に、アグネス某は、条文を読んでいないことを暴露している。

「表現の自由は、今回は問題外です。規制もしていない。論点をすり替えられているのではないか。有害図書に指定されたとしても、もし親が教育上必要だと判断すれば、買って読ませることもできる」

 東京都青少年保護条例改正案には、こうある。

何人も、青少年に表示図書類を閲覧させ、又は観覧させないように努めなければならない。

 ここで言われているのは、有害指定図書のことだ。東京都民ならぬ、東京都に来ている人も、有害指定図書は読ませないようにしなきゃだめよということだ。明確な禁止はしていないが、「蔓延を防止すること」とか「規制賛成の団体に東京都が支援する」など、真綿でゆっくり絞め殺すような感触がある。killing me softly、『やさしく殺して』なんてタイトルの映画があったような気がするが、東京都の条例はまさにそうだ。漫画文化を、やさしく殺そうとしているのだ。しかし、ハードに殺そうがソフトに殺そうが、殺しは殺しである。「規制ではない」と言い切る人は、よほど鈍感なのだろう。
 アグネスは「子供を性的虐待の対象にしていいという誤ったメッセージにつながること。そして、読んだ子供が、強姦(ごうかん)や虐待されても応じなければいけない、といった間違った認識を吸収してしまう危険性がある」と言うが、そんな馬鹿な吸収をするのは、彼女しかいない。人にそのような価値観を強いるのは、娯楽ではなく、宗教や厳しい親の教育の方なのである。「漫画=児童ポルノという印象が世界に広まっては困る」と彼女は言うが、それを広めているのは、実は彼女たちの方なのである。
 日本の少女漫画を支えた一人の里中満智子氏は、こう指摘している。

「十数年前の有害コミック問題のときに、有害とされたたくさんの本を一通り読んでみたが、感動するものもあり、やはり人気もあった。一方でえげつないだけのものは、ほとんど売れていなかった。当時有害とされたいくつかの作品は、どれだけ当時の少年たちを勇気づけたかわからない。とにかく規制だと慌てる前に、冷静に考えてほしい」

 こういう良識こそが、むしろ規制賛成側が言う「健全な」子供を育てるのだと思う。
 ということで、我々にできること。
1.マスゴミ批判をしないこと。
2.産経ニュースに、エレガントに批判のメールを送ること。
3.その中で里中満智子氏を絶賛すること。  
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。