FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

ミスリードの可能性~日弁連の「児童ポルノ」に関する意見書について~
 日弁連こと、日本弁護士連合会が児童ポルノに関する意見書を公式サイトで発表した。正式名称は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の見直し(児童ポルノの単純所持の犯罪化)に関する意見書」である。

⇒日弁連の児童ポルノの意見書(ダウンロード)

 冒頭に、意見の趣旨が明確に述べられている。

1 現行法における児童ポルノの定義を限定かつ明確化すべきである。
2 現行法の児童ポルノの定義を限定かつ明確化したうえで,児童ポル
ノの単純所持を禁止すべきである。ただし,犯罪化することには,反対する。

 規制側に対して釘を刺す形になっている。この凜とした態度については、素直に評価したい。
 意見書が主に主張しているのは、次の点である。

・児童ポルノの範囲をもっと狭く明確に限定すること
・芸術的価値があるものや、学術的目的&報道目的で入手したものは除外すること
・自分の子供の写真を除外すること
・捜査機関の恣意的な解釈を防ぐこと

 
 自民党の案にも、民主党の案にも釘を刺す形になっている。この点は、日弁連グッジョブだ。民主党の案でも、主観的要素が大きく入り込むため、捜査機関が恣意的に判断して不当な処罰を行う可能性があると、意見書は指摘している。特に優れているのは、次の一節だ。

児童ポルノを規制することにより守るべき法益は,被写体となる児童の人権
ないし権利(身体的自由,精神的自由,性的自由,性的自己決定権,
プライバシー権,名誉権,成長発達権等)であって,善良な風俗ではない。

 グッジョブ、日弁連である。「善良な風俗ではない」と言い切ったところに、男気を感じる。東京都青少年育成健全条例が行おうとしているのも、幼児から高校生まで含めた子供の保護ではなく、行政が健全と認める善良な風俗の維持である。「健全」、すなわち「善良な風俗」を強制しようとしているから、ヒトラー的だと言われるのである。健全を謳ってまともなことをなした者はいない。健全を謳う者こそが最も不健全である。
 さらに意見書は、次のように提案している。

・単純所持については、違法行為として明記すべきである
・しかし、単純所持を処罰対象にしてはならない


 日弁連の言い分はこうだ。児童ポルノ単純所持は、違法性が低い。児童ポルノを根絶するためには供給源を孤絶することが前提だが、単純所持を処罰対象としても、有効性は低い。冤罪事件が多発している中では、新たな冤罪を引き起こしたり、捜査権の乱用を招く可能性が高い。処罰規定がなくても、違法行為として明記するだけで充分効果は得られる。処罰の対象とするのは行き過ぎである。
 意見書には、こうある。

ただし,児童ポルノの「取得」という外部的な行為と離れて,個人がいかなる
情報を所持するかどうかは,個人の内心にも通じる私的領域に属するもので
ある。そのような私的領域に対して違法の宣言をすることや公的権力の介入を
認めることは,極めて慎重でなければならない。
したがって,児童ポルノの単純所持を禁止し,それが違法であると宣言する
ことの効果は,社会全体の認識の変化により起こる個々人の自発的な行為(所
持するに至ってしまった児童ポルノを廃棄する等)に待つべきであって,公権
力の私的領域への介入を招くものであってはならないことに留意すべきであ
る。

 日弁連としては、現行法案にも自民側にも民主党側にも、きっちり文句をつけたという形になっている。
 ただし、この意見書にも落とし穴はある。

1.行き過ぎの処罰へのミスリード

 「単純所持の違法明言」を宣言することにより、日弁連が回避しようとしている「行き過ぎの処罰」「児童を守るためではなく善良な風俗維持への立法」をミスリードする可能性が高い。メディアの報道を見ても、それは一目瞭然である。状況が状況だけに、筆者も非常に危機的なものを覚えた。冒頭の趣旨説明でも、「児童ポルノの単純所持を禁止すべきである」とあり、いかにも処罰の対象であるかのような、ミスリードの可能性が高い書き方になっている。いささか配慮が足りない。
 くり返すが、意見書にはこうある。

ただし,児童ポルノの「取得」という外部的な行為と離れて,個人がいかなる
情報を所持するかどうかは,個人の内心にも通じる私的領域に属するもので
ある。そのような私的領域に対して違法の宣言をすることや公的権力の介入を
認めることは,極めて慎重でなければならない

 単純所持は、個人の内心にも通じる私的領域に属するものである。そのようなものに対して、「違法を明記する」というのは、「極めて慎重」な態度と言えるのだろうか? パフォーマンス的な点(政治的な影響)においても、慎重を要する問題であるという点においても、単純所持の違法明記は、盛り込むべきではない。

2.芸術的価値の線引きが、不明瞭で、捜査当局の主観に左右される

 芸術的価値があるものという線引きを、いかにして決めるのかということだ。テリー・イーグルトン『文学とは何か』の読者なら、たとえば芸術と非芸術の線引きがいかにいい加減なものかを知っている。文学とそうでないものとの境界線は、世間で思われているほど明瞭ではない。芸術もまた同じである。近代ポルノ小説の元祖的な『ファニーヒール』は、当時は決して文学とは言えないものであったはずだが、現代ではどうであろうか?
 たとえば、イギリスの場合、文学は19世紀になって生まれたばかりのひよっ子である。我が国においても同じである。そういう状況では、明確に文学というものが存在するわけではない。そしてそれは、芸術でも同じである。その現代という時代において「芸術的価値があるものは排除する」というのは、一見主観を排除しているように見えて、実は主観を排除していない。どこまでが芸術なのかをめぐって、それこそ捜査機関に恣意的な判断を委ねることになる。

3.ポルノの発信源について、間違った情報が使われている

「わが国がインターネット等を通じて児童ポルノの主要な発信国となっている背景には」という一節があるが、日本は児童ポルノの主要な発信源ではない。「Internet Watch Foundation」の「IWF reveals 10 year statistics onchild abuse images online」は、2006年までの10年間、児童虐待画像の発信源となったサーバーの所在地を、次のように記している。

 アメリカ 51%
 ロシア 20%
 スペイン 7%
 日本 5%

 また、インターネット上の児童ポルノサイト数は、

 1位  アメリカ (10,503件/ 61.72%)
 2位  韓国 (1,353件/ 7.95%)
 3位  ロシア (1,232件/ 7.24%)
 4位  ブラジル (1,210件/ 7.11%)
 5位  イタリア (423件/ 2.49%)
 6位  スペイン (288件/ 1.69%)
 7位  チェコ (285件/ 1.67%)
 8位  日本 (165件/ 0.97%)
 9位  スウェーデン (123件/ 0.72%)
 10位 カナダ (116件/ 0.68%)

 パーセンテージと数字に注意。この数を見て主要な発信源と言えるだろうか? 日本は地震多発地帯ではあっても、児童ポルノ多発地帯ではない。日本は世界的な児童ポルノの発信地でも、消費国でもない。「わが国がインターネット等を通じて児童ポルノの主要な発信国となっている背景には」という一節は事実誤認である。そのような状況で、「違法である」ということをわざわざ定義する必要があるのか。
 児童ポルノの保持者や消費者が、違法の感覚を持っていないというのだろうか? 後ろめたさを覚えない性的嗜好の持ち主の方が、多いように思える。

 以上の点から、日弁連は違法の明言については言及するべきではなかった、とぼくは考えている。自分たちの意見書がパフォーマンスとして与える意味を、つまり、政治家にどのように利用されるのか、あるいはどのように報道されて政治的に利用されるのか、もっと考えるべきであった。
 オタクの子たちには、ぼくの要約だけではなく、是非、自分の目で意見書を読んでほしい。その上で、日弁連や都議、国会議員などに手紙やメールを送ってほしい。
 内容的には非常に優れた部分がある意見書である。ただ、パフォーマティブな部分に対する配慮が足りなかったのが悔やまれる。
 人の性的嗜好については、いたずらに踏み込むべきではない。バタイユもこう言っている。エロティシズムは、禁止と侵犯によって発生する。性的嗜好については、禁止すればするだけ欲望が増幅するのである。そしてその分だけ、性犯罪が増える可能性が高まる。違法を明言することによって本人の中で禁止の度合いが高まれば、逆に侵犯の欲望が強まることになる。プロテスタントの国で児童に対する性犯罪が多いことと、プロテスタントが性的に厳しく禁欲的であることとは大いに相関性があることに注意したい。
 大切なのは、児童ポルノの供給源を根絶することではなく、いかにして児童ポルノによってエロティシズムが発生する仕組みを弱体化させるか、なのだ。禁止や違法の明言は、逆に強化して欲望を増幅してしまう。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2010-03-28-Sun 01:17 [EDIT]
日弁連の主張は、ただ日弁連の権威を示すものであり、おおよそ自己満足的だと解釈できます。
違法化することで将来的に処罰対象になりうることなどの観点に欠けており、一連の騒動の社会的な影響を十分に認識していません。
日弁連は言葉遊びをして悦に浸っているのではないかと、逆に国民の信頼をなくすのでは。
現代日本は文化的に成熟途上であり、磨けばどこまでも光る珠です。有名団体が今この件に関して真っ向から反対する姿勢を見せることは非常にメリットがあります。それが日弁連でなかったことが残念です。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。