FC2ブログ
乳之書
エロフィギュアよ、エロ漫画よ! 日本で一番パイズリを書いている巨乳作家・鏡裕之の官能文化論。
『巨乳ファンタジー2』、好評発売中!

↓パイズリで30頁連続!? 日本でNo.1の巨乳フェチ小説!↓
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー

ポルノの効用~規制を叫ぶ愚かな議員たちへ~
 『レイプレイ』便乗の動きがさらに表面化してきた。アメリカの外圧が形になってきたと言い換えてもいいかもしれない。アメリカは他国に児童ポルノの厳罰化を押し売りするのが商売だからだ。

⇒性暴力ゲーム規制強化へ、与党が流通歯止め検討チーム

 現場にいる人間からすれば、出火がおさまったところへわざわざ消防車をくり出すお馬鹿さんに思える。
 彼らは「多量」というレトリックを使用する。しかし、そもそも、美少女ゲーム業界では変化が起きていて、陵辱ゲームが売れなくなってきているのだ。
 かつては大ヒットはないけど、7000本は取れると言われていた。それが5000本に落ち、恐らく今は3000本にまで墜落している。ユーザーの嗜好変化を考えると、さらに2000本に向かって落ちていく可能性は高い。
 そういう中で、歯止めをかける必要があるのだろうか?
 それに、そもそも、『レイプレイ』は非合法の商品でもない。無法地帯の存在でもない。美少女ゲームでは、基本的に18歳未満の少女は性対象として表現してはいけないことになっている。そのため、そのような配慮をいくつかしている。決して無法地帯ではない。でなければ、都道府県の青少年育成条例で認可を受けることはなかろう。『レイプレイ』は認可を受けて正当に販売されていたものなのだ。
 にもかかわらず、「多量に出回っている」と表現することで無法地帯であるかのように見せかけて、一気に世論を規制擁護へと導こうとしている。おまけにしつこく「少女」をくり返している。読売新聞は、政権の太鼓持ちとして断罪されるべきだろう。このようなところに報道をする資格はない。
 「性暴力ゲーム」という表現の仕方も、相変わらずだ。ならば、90年代のハードポルノで全盛期を誇った陵辱&調教小説はどうなのだ? あれこそ、性暴力小説ではないのか?
 「性暴力ゲームの規制に関する勉強会」は、悪意に満ちている。これこそ、ぼくたち秋葉系文化へのレイプに他ならない。レイプとは、レイプされる人間の取捨選択の自由を奪って強引に性器挿入することだが、今ぼくたちが突きつけられようとしている現実も、まさにそうではないか。彼女たちは「他人に被害を与えずに妄想を嬉しむ」という自由を奪って、規制というペニスをぼくたち秋葉系の男子に挿入しようとしているのだ。なぜ強姦したのだ、と問われれば彼女たちはこう答えるに違いない。「強姦ではありません。これは、子供を守るための和姦です」。嘘も方便とはこのことだ。
 野田議員は「子どもを守るバリアが日本ではきわめてルーズだ」と指摘したというが、なぜそこで子供を守るバリアにまで発展するのか。『レイプレイ』をプレイした人間が、事件を起こしたというのか? 問題は日本国内でのみ販売の許されたものを勝手に外国の業者が輸入して勝手に外国で全年齢対象で販売したことなのだ。咎められるべきはその外国の業者と、それに便乗してけちをつけたイギリスとアメリカの常識のなさである。そこを指摘しないのは、この事件を利用して規制を強めて美少女ゲームを撲滅してやろうという悪意しかないからだ。
 多くの人は、ポルノについて誤解している。規制論者が理解していないのは、彼女たち自身がそもそも自分自身の性=性欲を見つめなおせていないから、つまり、人として狭量な半端野郎だからだが、別の言い方で言いなおすと、誤解の前提には、オナニー自身から目を背けてオナニーの効用を考えないところにあるようだ。
 オナニーを汚らしいものと考えたのは1世紀前の話。当時は資本主義の立場から、「オナニーをすると頭が悪くなる」とか「精神に悪影響が出る」とか、トンデモ発言が出たものだ。現在、ポルノを糾弾する人の多くは、そのトンデモ発言をいまだに信じているように思える。
 ポルノを知らない人は、ポルノは悪であると決めつける。ポルノは犯罪や悪魔と同じだと見なす。だが、ポルノは殺人ではない。悪魔でもない。そもそも、自分の好きな小説やマンガを読みながら一人自分の下半身をこするそのどこに犯罪があるというのか。決して他人を襲っていないのに? 頭の中でテロを考えたら、テロの実行犯と同じ犯罪者だと言うのだろうか?
 もしポルノを読みつづけたら悪魔になるというのなら、すでに10億人は悪魔ということになるが、そんな話は聞いたことがない。悪魔はむしろ、別の方にある。ぼくは、規制論者を見ていると、罪もない人々を魔女に仕立て上げて数十万人を虐殺した魔女狩りを思い出す。これは現代の魔女狩りだ。それも世界的なレベルでの。
 ポルノに関して、非常に有名な言葉がある。ポルノ作家・北原童夢氏の名文だ。

 私見をいえば、ポルノグラフィーは決して性犯罪を奨励している訳ではない。それは実践への呼びかけではないのだ。ポルノは単に、読者が個的な「妄想」を掻き立て、そのことによってささやかな性的カタルシスを得るための媒体にすぎない。
(館淳一・北原童夢・睦月影郎・田拝聡一郎『作家養成講座 官能小説編』ベストセラーズ)


 それでも過敏な人は『レイプレイ』に対して、「女性をレイプして、しかも中絶させるなんて」と眉をしかめるかもしれない。だが、それはポルノというものを知らぬ人の安易な脊髄反射でしかない。ポルノには、陵辱や強姦などのどす黒い性欲や攻撃欲を昇華させ、発散させる心理的機能がある。そして、どうやらそれは強姦件数の低さと関係しているみたいなのだ。日本でも規制の緩かった70、80年代は性犯罪が少なかったと報告する者もいる。ポルノは国家の安定装置なのだ。それを一切放棄してポルノの全面禁止を叫ぶ者は、社会の混乱と暴動を、性犯罪の上昇を招きたいのだとしか思えない。ポルノをなくすのは、部屋のゴミを片づけるのとはわけが違うのだ。
 ゴミ虫という虫がいる。ゴミの中によくいる虫だが、土の浄化に非常に役に立つ昆虫だ。そのゴミ虫を、汚いからといってこの地球上から全滅させるのだろうか? ポルノ規制論者が言っているのはそういうことだ。結局は、自分が気に入らないから、汚らわしいと思うから規制しようとしているだけなのだ。それも、狭くチープなキリスト教的倫理観と未熟な性意識から。
 恐らく、今は世界的なポルノの危機なのだと思う。それもすでに反論力を確立した小説の危機ではなく、ゲームやマンガのグローバルな危機なのだと思う。その危機がひたひたと忍び寄っている。たとえば、アメリカでは日本のエロマンガを所有していた39歳の事務員が児童ポルノ法の違反で逮捕という憂き目に遭っている。

⇒日本のマンガを集めていた米国人、児童ポルノ禁止法違反で有罪に

 二次元や三次元的ヴァーチャル映像を児童ポルノ禁止法の対象に含めることは違憲であると、アメリカの最高裁判所は答えを出しているが、にもかかわらず、アメリカは二次元に対しても不当に踏み込んで処罰を行なっている。そして最高裁判所の判決に逆らう不敵な態度を、自国だけでなく日本にも押しつけようとしている。その一環が、今回の『レイプレイ』事件なのだ。
 『kanon』を生み、『Air』を生み、外国人も知っている『デモンベイン』も生み、『Fate』も生んだ美少女ゲームが消滅しかかっている。ぼくらはその危機に対して、立ち向かう必要があるだろう。
 国民よ立てとギレン・ザビは叫んだが、その言葉は今、こう読み替えられるべきかもしれない。「オタクよ、立て!」と。

【 告知 】
6月中旬に、愛育社から『美少女ゲームシナリオバイブル』が出ます。その中でも、規制問題のことを少し扱っています。
最新作です!

⇒悪の組織でサクセス! 乳魂の痛快出世巨乳フェチ小説、『揉ませてよオレの正義2』! 2013年5月17日発売! アマゾンで予約中!
揉ませてよオレの正義2
⇒原作者自らのノベライズ『巨乳ファンタジー2』発売! 2012年9月28日発売!

⇒なぜ、アニメや漫画は表現規制を受けるのか? なぜ、オタクや腐女子は叩かれるのか? そこには、性と資本主義の問題が横たわっている。婚活とオタクの問題はつながっているのだ。表現規制が全国的に強化されようとしている今こそ必要な、オタクのための知的防衛本。
非実在青少年論

非実在青少年論

価格:1,890円(税込、送料別)

⇒起承転結は役に立たない!? スランプにはどう対処するの? どうやってマーケットを理解するの?……などなど、技術的な面も精神的な面も細かくサポート。全24講義、400頁オーバー。「これ1冊あれば他の本はいらない」と読者に言わしめたゲームシナリオの決定版。同人ゲーム制作者は勿論、ラノベ作家志望者にもバイブルになります。

抜きゲーなのに面白い!? エロゲー批評空間で、抜きゲーにもかかわらず評価80点の高得点! 「これがエロゲーだ」とユーザーに言わしめた、2009年ベスト抜きゲー。
巨乳ファンタジー


COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

| URL | 2009-11-08-Sun 14:44 [EDIT]
ただ屁理屈こねてるようにしか思えんが?

TRACK BACK
TB*URL
エロゲ会社は共同声明を出せ
唇からBlog 2009-05-31-Sun 14:34
→ポルノの効用~規制を叫ぶ愚かな議員たちへ~  さすがベテランエロゲシナリオライターの鏡裕之さん、文句の付けようのない論理構成。今回の問題を疑問視している方は必見です。  今後業界がどういう姿勢を示していくのかが注目されますが、鏡さんが指摘している...  [続きを読む]
Copyright © 2005 乳之書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。